一人暮らしの引っ越し費用と料金はどれくらい?

一人暮らしの引っ越し費用

一人暮らしの引っ越し費用は、新居の準備にかかる費用の他は単身引越しの料金によって左右されます。まずは料金の目安を知って見積もりを比較しましょう。自分にあった適切な引越し業者とプランを選びましょう。

 

引越し料金には通常期と繁忙期の料金がありますが、10月は通常期にあたります。
下記の表は、単身引越しの通常期の料金の相場を、荷物の多い少ないと、移動距離ごとにまとめたものです。引越し業者に依頼した場合の料金の目安として参考にして下さい。

 

単身の引越し料金の目安

単身の引越し料金の平均値・移動距離別の表

 

一人暮らしの引っ越しの場合、引越し専門業者に作業を頼むと、車両は2トントラック、作業員2人程度つくことが多いです。荷物がさらに少ないなら、単身パックなどのプランでコンテナに荷物を積めるだけ積んで、入らない分は別便で配送する運ぶというスタイルもあります。上の金額はそうした平均値です。

 

引っ越しの費用を安くする単身引越しのポイント

たいていの引っ越し業者は、一人暮らし用のプランをいくつか出しています。「単身パック」「単身プラン」などが代表的なもので、荷物の量によって使い分けるようになっています。

 

単身パックは「配送する」というイメージをもつとわかりやすいと思います。荷物を収めるコンテナを借りてそこに荷物を積んで運んでもらいます。一方、単身プランは小さな引越しをイメージするとわかりやすいでしょう。

 

【検討】引越し業者に頼むか、友人に頼むか

遠方の引っ越しを友人に頼む人はいないと思うので、50Km未満の同一県内、荷物が少ない場合の平均料金は21,600円です。
友人に頼む場合は、レンタカー代と友人へのお礼が主な費用です。荷物の量により、レンタカーの大きさが変わるので判断が難しいところですが、もしかしたら数千円は友人に頼

 

 

一人暮らしの引っ越し料金を安くするコツ

引っ越しするとなると、何から何まで本当にお金がかかります。でも、ちょっとした工夫で引っ越し代金はびっくりするくらい安くなります。
全て自分でできるという人はもちろんそれが一番安上がりではありますが、そんなことは無理という人は、業者の引っ越し方法をチェックしてみましょう。

 

安い引越し便を探す

引っ越し業者の隠れプランとも言える「帰り便」や「混載便」が実はとても安上がりな方法です。聞き慣れない言葉かもしれませんが、これらを扱う業者に出会えればぐっと引っ越し代金は抑えられます。

 

時期・時間に融通を効かせる

また、引っ越し業者は、人が移動する3月などがもっとも混む時期です。混めば当然料金も高くなります。だから、業者が混まない時期を選べば料金は安いです。1、6、7月は1年の中で混まない時期といって良いでしょう。
また、月の半ばとか、曜日でいえば火〜土曜日も混みません。中でも連休直後などはとても良いですよ。逆に避けるべきなのは祝日ですね。

 

さらに!
出来るだけ早めに依頼することと、希望の日時を限定しないことが大切です。
できるだけ安く引っ越したいと伝えて、◯月△日〜◯月△日の間で都合の良い時、とか、安くなる時、とか言えばOKです。

 

まとめて複数社に見積もりする

業者を選ぶ際には必ず複数から見積りを取りましょう。見積りは、できれば3社以上に来てもらって料金を出してもらうことです。業者が多ければ、「帰り便」や「混載便」を利用できるチャンスも広がりますし、とにかく安くできる基本中の基本が見積り依頼なのです。
というのも、来た担当者に、他にも見積り依頼をしていると言えば、その金額と張り合って少しでも安くしてくれるからです。
ホームページを一つ一つ見るのは面倒ですが、一括見積サイトを利用すれば簡単に見積り依頼ができてしまいます。

 

引越し業者の繁忙期を避ける

3〜4月にかけては、新入生の移動と会社員の移動とか重なる、引っ越し業者が1年でもっとも忙しくなる時です。
料金ももっとも高くなるので、避けられるならばこの時期は避けましょう。
また、10月はその次に忙しいといわれる時なので、ここも避けることをおすすめします。

 

結局、どこが一番お得?

荷物が少な目な一人暮らしは、「単身パック」「単身プラン」を選ぶだけでも料金はぐっと抑えられます。
とはいえ、実際の荷物などを見てもらうと、逆に通常のプランの方がお得、という場合もあるので一概にはいえません。

 

面倒でも、必ず複数業者に見積りを依頼しましょう。

 

引越し業者を指定して安くしたい場合には?

引越し業者で気に入っているところがある場合は、見積りの時に最後にきてもらうと良いでしょう。
何故なら、それまで来た業者の料金を全部伝えれば、一番安い料金を提示してくれるものだからです。
それがもしも底値でそれ以下は難しいとなれば、無料段ボールなどさまざまなサービスを付けてくれるはずです。

 

見積もり後に断る時のテクニック

見積りに来てもらっても決めるのは1社だけです。
ということは、当然断る業者が出てくるわけですが、これが気まずいと感じる人もいることでしょう。

 

そんな時は、電話番のような人に伝言してもらうと気が楽です。
その後で担当者から確認の電話がくることもありますが、一旦伝えてあればそれほど気も重くはならないはずです。

 

一番気が楽なのはメールなので、見積りの際に、結果はメールでも良いか聞いておきましょう。
何しろ忙しい一人暮らしなわけですから、これを言い訳にメールでの返答希望を話してみるのがおすすめです。

 

これは単身パックで運べますか?
一人暮らしで標準的な荷物量とすると、「単身パック」のコンテナボックスに入るかとどうかが問題となるわけですが、大型家具が入るかが気になるところです。
折り畳みベッドなら入りますし、170センチ以下の冷蔵庫は日通であれば入ります。
自転車や原付バイクなどは、他の荷物が入らなくなるので別便で送りましょう。
ストーブは灯油タンクを空にすればOKです。

 

引っ越し単身パックの特長

もっとも荷物が少ない「単身パック」は、料金も一番安いです。この名称は日通のものですが他業者でも通じます。因みに、クロネコヤマトであれば「単身引越サービスパック」という名称です。「高さ170cm×横幅110cm×奥行き100cm」のコンテナボックスに入る荷物なら、迷わず「単身パック」を選びましょう。コンテナボックスは、他の荷物と混載されるので安く荷物が運べるのです。
ただし、万が一入りきらなかった場合は、その分が割高となってしまうので要注意です。また、よくある段ボール無料サービスなどは付かないのが普通です。

 

引っ越し単身プランの特長

「単身プラン」も一人暮らしの引っ越しには強い味方です。軽トラック、バン、1.5tトラックなどをチャーターして荷物を運ぶので、コンテナボックスではちょっと無理という場合に選びましょう。
もし自分も荷物運びできるならその分安くなる場合もあり、段ボール無料サービスが付く場合もあります。

 

一人暮らしの引っ越しを安くする方法まとめ

できれば、手間なく安く引っ越したいというのが、単身引越しの本音だと思います。
単身パック、単身パック+別便の配送の組み合わせ、引っ越しの単身プランなど、選択肢はいろいろありますが、引っ越し費用をyすくするポイントは荷物の量や大型家具の有無で配送方法を選ぶことです。
そして、荷物の容量に関しては専門業者に見積もりして見てもらうのが一番です。

 

「載るはずの荷物が載らなかった」というのが実は一番損だからです。
当サイトの情報をお役立ていただけると幸いです。

 

 

 

更新履歴